What is Bibakko Club?びばっこ倶楽部とは

びばっこ倶楽部では、お子さまの成長・発達に最も必要な環境創りをテーマに保護者の皆様とスタッフとの「共同子育て」をしていきます。

びばっこ倶楽部とは びばっこ倶楽部とは
成長・発達に最も必要な環境創りをテーマに取り組んでいます イメージ1
成長・発達に最も必要な環境創りをテーマに取り組んでいます イメージ2
成長・発達に最も必要な環境創りをテーマに取り組んでいます イメージ3
みんなおともだち

成長・発達に最も必要な環境創りをテーマに取り組んでいます

多くのスイミングスクールでは幼児と学童を一緒にした、「泳法指導」が行われていますが、幼児期と学童期の成長には大きな違いがあります。

幼児期の子どもたちにとって、大切な視点は内面的にある自らの欲求に応じて自由に表現していくことです。それは周囲にある対象物への絶えまない興味からはじまります。その動きの中で、「身体的」、「社会的」、「感覚・知的・性格」などが総合的に発達していき、子どもたちの身体は多くの身体的機能を展開していくことになります。

ビバスポーツアカデミーでは、水中活動倶楽部として幼児期の成長・発達に最も必要な環境創りを5つのテーマにし、子どもたちの成長を促すようにしています。

びばっこキッズ幼児/水中活動倶楽部

成長に大切な5つの能力をテーマに取り組んでいます イメージ1
成長に大切な5つの能力をテーマに取り組んでいます イメージ2
成長に大切な5つの能力をテーマに取り組んでいます イメージ3
みんなでちゃんレジ!

成長に大切な5つの能力をテーマに取り組んでいます

多くのスイミングスクールは、水泳の泳法ありきの一方的な一斉指導スタイルで単なる「泳法習得スクール」をして行われています。また、現代の子どもたちを取り上げた様々な社会的な問題を多く耳にします。このような社会問題は、学校教育・家庭教育・社会教育の中で欠落しつつある社会教育にとって大切な役割があります。

ビバスポーツアカデミーでは、これまでの「泳法にチャレンジしていく」という縦軸に対して、「学童期の成長に大切な5つのテーマ」を横軸とし、泳法だけでなく「協調性」「表現力」「創造力」「人間形成」を育むことを最も重要視しています。

びばっこジュニア学童/スイミング倶楽部

佐野豪氏の写真

業界変革提言第一人者佐野 豪

オフィシャルWEBサイト

生涯教育・学習について草分け的存在で、省庁をはじめ行政機関・団体・企業、時にはテレビのコメンテーターを通じて普及活動に務めてきた。また全国多数の大学の客員教授・特任教授等を兼務し30年間教壇にも立ち、さらには団体等の役員として数々の代表・常任理事をも兼務してきた。

そうした背景の中で1981年より全国多数のスイミング・フィットネスクラブの顧問を兼務し、クラブ変革提案の第一人者として生涯教育・学習をテーマにした「生かされ活きる」倶楽部創りのアドバイザー役を務める。出版書籍は教育関係を中心に多方面にわたって80冊以上にのぼる。

子どもの活力 〜びばっこキッズ〜

びばっこキッズ(水中活動倶楽部)では、保護者とスタッフの共同子育てハンドブックとして「子どもの活力」を保護者とスタッフが共に学んでいます。「子どもの活力」は現代の子ども達がおかれる環境や幼児期の子ども達にとって必要とされる5つのテーマで書かれており、その内容を元に単なる泳法習得スクールではなく幼児期の子ども達にとって必要な環境創りを行っています。

子どもの活力

新しいスイミングクラブ 〜びばっこジュニア〜

ビバグループ代表 小森敏史との共著書。「自然人間学」をベースとした「生かされ活きる」倶楽部創りへの取り組みを、会員・保護者のみなさんとともに歩んできた3年間の取り組みを生の声を交えて紹介しています。

クラブ再創造への道

クラブ再創造への道 〜佐野豪のファシリテーション・メソッド〜

ビバグループ代表 小森敏史との共著書。「自然人間学」をベースとした「生かされ活きる」倶楽部創りへの取り組みを、会員・保護者のみなさんとともに歩んできた3年間の取り組みを生の声を交えて紹介しています。

クラブ再創造への道
大人:活力生活倶楽部はこちら