Blogブログ

三重の話②

2008年11月22日

 こんにちは、松野で~す

今日は三重の話の2回目ということで、自分の出場したレースを振り返ってみたいと思います

私が出場したのは2日目でした。火曜日のブログにビバ枚方が総合5位にランクインしたと発表しましたが、初日の順位では7位だったんです。。知っていた私はなんとか貢献して上位入賞したいと思いました。

しかし200m平泳ぎのメンバーを見ると、真面目に泳いでも上位入賞はかなり難しい。。
三重の大会は、マスターズではなく競泳の元日本記録保持者が出場しているほどレベルが高いんです。

得意とはいえない平泳ぎ、しかも苦手な200mではとてもメダルに届きそうな感じではなかったんです。

そこで、私の選んだ行動とは。。

タイムが駄目なら、自己申告タイムレースで1位と取ろうでした。

自己申告レースとは、火曜日にも紹介しましたが、エントリーしたタイムに一番近い人が1位というものです。それなら私にもチャンスがある。。

ちなみにエントリータイムは3分ジャスト。5月に200m平泳ぎを2分56秒で泳いでいる私にとって、本気で泳いではいけないタイムだ。

私はチームの上位入賞の為に、自己ベストを狙わないことにしたのです。

なんというチーム愛。

なんというフォアザチーム。

書いていて自分に感動ですよ。。

そしてレース。

通常レースとは、集中し、スタート、浮き上がりに注意して、トップスピードへ。

フォームを気にして、ペースを判断。ターン、浮き上がり。

後半になるとフォームが崩れてくるので、崩れないように維持。

ラストスパート前が一番苦しいので、ペースに注意。

そしてラストスパート。息苦しさ、体のだるさと戦う。それに負けないようにモチベーションを維持する。。

といった感じで、慣れていても結構気にすることは多いのです。

そんな中私は、、電光掲示板に表示された自分のタイムを見ながら泳ぐ作戦にでました。

これでエントリー通り泳げること間違いなし(笑)

そしてスタート。最初の50mが40秒。まずまず。

しかしここでアクシデントが100mのタイムを見逃してしまいました

ペースに狂いが。。自分の感覚を信じて泳いだものの、150mの通過タイムは。。

2分17秒。。これは遅いペースミスだぁ

最後の50mを43秒以内で泳がなければ。。体調悪いの忘れてた。。

そして突如あせったようにラストスパート(笑)

しかし、仕掛けところをミスってしまったロスを取り戻すことはできず。。

3分1秒7でフィニッシュ。。

エントリータイムと1秒以上の差。。これは微妙だ。。

そしてキョロキョロしながら泳ぎ、突然ラストスパートという真面目に泳いでいない私に、元チームメイトからのヤジ。。(笑)

ラストスパートをかけて泳ぎ終わり、疲れている私は、声援を送ってもらっていると勘違いし、手を振り、笑顔で、恒例の投げキッスで応える。

しかしあとあときけば「帰ってくるな~」とか言われていたとか(笑)

しかもブログでは公開することのできないような恥ずかしい応援もされていたらしい(笑)

でも救われたのは、一番エントリータイムに近く、1位で、ビバ枚方に貢献できましたこと

なんというチーム愛。

なんというフォアザチーム。

もういいですか(笑)

そしてもうひとつの25m平泳ぎは真面目に泳ぎました。なんと自己ベストを更新。15秒29でした。

まさか15秒前半がでるとは思わなかったですね~

このレースは元日本記録保持者と一緒に泳ぎました

気が小さく、びびりの私はその姿を見るだけで気持ちが折れそうでした( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

ということで、私の活躍もあり、ビバ枚方は順位を上げて総合位にはいることができました

長々と読んでくださってありがとうございます

キッズ:びばっこ倶楽部はこちら