Blogブログ

10月合同ミーティング

2016年11月01日

こんにちは!
先日行われました合同ミーティングの内容を報告させて頂きます。

最初にイベントの報告をしました。
10/2(日)に小橋MGと大矢社員の出身地である三重県の「もくもくファーム」に行ってきました。参加人数は11人と少なかったのですが会員さんと子どもスイミングに通われている子どもたちと保護者の方との交流や子育ての話題になったりと充実したイベントになりました。
今後行う予定のイベントは11/29(日)にハイキング、12/4(日)に忘年会を開催予定です。

次にSPJさんの見学の感想を小橋MGから共有していただき、全員でシンポジウムの動画を見ての感想を伝え合いました。ビバの現在の立ち位置や今後取り組んでいかなければならないことを改めて確認することができました。
ここで、佐野先生の解説も踏まえてアクティブ・ラーニングの重要性も再確認し「保護者や子どもたちにどのように伝えていくか」というテーマでディスカッションを行いました。保護者に伝えていく前にまずは全スタッフの共有と共通理解を徹底することが第一であるという意見でまとまりました。

次に10/18~10/22までギャラリーの改装工事に伴いこの度、プールサイドに降りる為の階段を作ることになりました。休館日明けから多くの保護者の方にプールサイドに降りて頂く為に階段を創る理由やスタッフの想いをそれぞれ共有しあいギャラリーにいるのと、実際に子どもたちの声や表情が届きやすいプールサイドにいるのとでは大きな違いがあるということに気づいて頂きたいと思います。

最後にサークルの状況や報告を行いました。
サークルの数は着々と増えているのと、会員さんから「こんなサークルを創ってみたい」というお声も以前に比べて増えて来ました。
しかし、まだスタッフ主体で会員さんは「のっかっている」という傾向がぬぐえないままです。時間はかかるかもしれませんが、会員さん主体となるような環境をスタッフが努力して作っていかなければならないと感じました。

 

 

 

キッズ:びばっこ倶楽部はこちら