Blogブログ

C.P.R.講習会に行ってきました。

2006年12月11日

 こんばんわ、松野です。
私は先日C.P.R.の講習会に参加してきました。
以前にちらっと書かせてもらいました(7月だったかな?)心肺蘇生法の事です。
心肺蘇生法は大体5年に1回改定されます。
そして今回G2005といわれる改定を学びにいきました。
といっても2006ももう終わりなのに。。(笑)
日程が合わなかったのでなかなかいけなかったのです(^^;)

 主な変更点は心臓マッサージと人工呼吸の割合が15:2から
(心臓マッサージ15回したら人工呼吸2回行なう)
30:2となりました。
これは酸素を脳に送り続けることが大事と判断されたからですね。
実際私もやってみましたが、結構しんどかったです
心臓マッサージ30回というのはかなり体力がいります。
まぁ実際人が倒れていたら自分の体力がどうとか言ってられませんが。。

 練習用の人形がどこにでもあるようなものではないので、
練習はなかなかできないので、私も久々に練習したのですが、
腕はさびてませんでした
人工呼吸の吹き込み量、ペース、心臓マッサージの圧点、圧力、ペースなどもちろん根拠があって決まっているのですが、
水泳と同じで一度体が覚えたら忘れないものですね。
問題は体で覚えるまで練習することですね

 前回にも書きましたが、日本において心肺蘇生法の普及は結構遅れています。
さらに日本人というのはシャイな性格()らしく、
自分がやらなくてはと思わず、技術を持っていても、見てみぬふりをする事が多いようです。
 もちろん自信だけでは駄目ですが、いざという時の勇気を持つことが大切ですね☆
使う機会が訪れないことを祈ってますが、もし起こってしまった場合はその方が
生活復帰できるように、助けてあげることができればなと思います。

 興味ある方はまた話しかけてくださいね

 明日は宮田コーチが皆様にお伝えしたいことがあるみたいですよ

キッズ:びばっこ倶楽部はこちら