Blogブログ

学生のインタビュー

2010年09月21日

 こんばんは、松野です

突然ですが今日の起こった話をきいてください

大学生がインタビューしたいということで私は取材に応じる約束をしていました

何のインタビューかは全く聞いておらず・・・。

私は「どんな冗談かましてやろうか」等、軽い感じで席につきました。

自己紹介されて、目の前に出てきたのは、なんと何ページもある重々しい企画書・・・

えっと私が思うと、なんと就職試験に企画のプレゼンがあるからフィットネスクラブの話を聞きたいという、

1人の学生の就職という、人生がかかっている重い内容

これで就職駄目だったら私のせいにされる・・・

ということでかなり必死に喋りました

企画力とプレゼン力を見られるんだから、今の時代の背景を考えてできるだけ他との差別化を図った方がいい。

等と偉そうな言葉を連発(笑)

いや~私の中ではもう何年もしているので当たり前に思えている事が、色んな事でその学生さんは驚くので、

あ、それってそんなにすごいことなんだと私も新鮮さを頂けました。

10分ぐらいという事で受けたお話でしたが、まさかの30分の熱弁となってしまいました。

プールに入らなかったらもっと延々と続いていたでしょうね

私なんぞの話が学生さんの役に立てられれば嬉しいですね

キッズ:びばっこ倶楽部はこちら