Blogブログ

~佐藤ブログ~

2019年06月19日

こんばんは。

本日からビバは通常営業に戻っております。

さて前回の続きです。

ずっと水泳を苦手としていた私ですが、社会人になってスイミングへの就職を機に水泳に向き合うことになりました。本当に最初は25m泳ぐのがしんどかったり、何も言わずに平泳ぎをした姿を見て当時の上司が「佐藤君膝痛めてる?」と聞かれたのが衝撃的だったのを覚えています。

高校時代の陸上で膝を痛めてトレーナーを目指していたので泳いだだけで見破られたことにびっくりしました。(今では私も見たらわかるようになったので、当時の事も納得です)

話を戻すと、2月から泳ぎ始め6月のマスターズ大会にエントリーしました。エントリーは4月頃には行われるので全く泳げなかった者が2か月でマスターズに挑戦するという無謀さ・・・若さゆえですね。当然飛び込みもしたことがなく練習でもゴーグルが外れまくりで、当日も半分水が入った状態で泳ぎました。(笑)

初レースが100m個人メドレーでタイムは1分40秒でした。

その翌年も100m個人メドレーで1分20秒でした。

目標を持つことでやらざるを得ない状況に身を置く事になり、チャレンジできたのだと思うのでこの大会へのエントリーも私の水泳人生の中で重要なターニングポイントだったと思います。

当時の練習メニューはピラミッド(25、50、75、100、75、50、25m)を毎回やっていました。その他には、けのび、バタ足、片手クロール、プル(手だけ)を中心に行い、基本部分を徹底的に行いました。今でも基本動作はすごく大事だと思っていますし、自主練習の時にもおこなっています。

ちょっとまとまりのない内容になりましたが、今日はここまで・・・

 

 

キッズ:びばっこ倶楽部はこちら