Blogブログ

さらば、革命戦士

2019年07月02日

どうも!意外と雨が嫌いじゃない新井です!

 

いよいよ梅雨入りもし、じめじめした気温に雨というコンビネーションが季節を感じさせますね😅

数日前に、フランスで最高気温45度を超えるというニュースまでも出ていました。地球はどうなっちゃうんですかね😂

 

それでは本題です!

先日、知ってる方は恐らく多いのではないでしょうか プロレスラー「革命戦士―長州力」選手が引退されました。

6月26日 後楽園ホール大会「POWER HALL2019」において、長州力・越中詩郎・石井知宏 VS 藤波辰爾・武藤敬司・真壁刀義というライバルや弟子といった因縁深いカードで、最後は長州の弟子を務めていた真壁のキングコング二―ドロップにより長州は敗北し、45年のプロレス人生に終止符を打ちました。

 

新日本プロレスでは、現場監督の役職に就いたほか、多くの団体で活躍されました。身体の衰えはあるものの、67歳という年齢ながら張りのあるレスラーらしい身体をキープされており、引退試合当日も最高のコンディションで入場されたそうです💪💪💪

解説席には同じくレジェンドで活舌の悪い(笑)天龍源一郎さんも参加されていました!

 

最後に長州力選手は「もう私はここまでです。もう止まります。今からUターンして家族のもとに帰ります」とメッセージを残されています。

Uターンというワードから、家族からは全く逆方向に向いて、ひたすらプロレスの道を歩んでいたことが感じられます。

また、このようなメッセージを残されたことから、常に家族のことも強く思われていたのだと思いました。

 

レジェンドレスラーが去っていくのは非常に寂しいですが、仕方のないことです。まだ現役で頑張っておられるレジェンドレスラーを応援するのももちろん、これからを引っ張っていくレスラーにも注目し、どんどん紹介していきます😄

 

ではまた

 

 

 

 

 

キッズ:びばっこ倶楽部はこちら