Blogブログ

「ランニングと音楽」

2019年10月27日

 

本格的な秋のシーズンに入り、

長袖も必要になってきましたが、空気が透き通るような、気持ちのいい風が吹くこの頃です。

今週はそんな季節にピッタリな「スポーツ」について書きたいと思います。

 

と言っても以前の続きで「マラソン」についてです。

現在、2月のマラソンに向けて、週2回ペースでゆっくり走っています。

ペースは1kmを6分切るくらいで、6km~10km。

季節の変わり目で、日によって体調にも変化があるので、無理がない程度です。

 

友達や会員さんにも「どうやってペースを決めて走っているのか?」と質問がありますが、

私の目安は「曲が1曲終わるくらいで約1km」のペースです。

 

というのも音楽プレーヤーに1曲の演奏時間が常時されるので、それを目安にしています。

もちろん楽曲によって4分前後~6分前後の曲までいろいろありますが、

アルバムではだいたい60分前後から70分前後収録のものが多いので、

一つのアルバムを聞き終わったら、8km~12km前後走り終わったということになります。

もう少し正確な数字は、スマートフォンにある、タイマー(ラップ)機能で記録して見ています。

 

「ざっくりだなぁ」と思われるかもしれませんが、私はこれくらいがちょうどいいペースでした。

というのも、マラソンのコースには狭い道や広い道、上り坂や下り坂など、

意識しないとペースが勝手に上がってしまったり、道が狭くてペースを上げられない場面があります。

 

もちろんペースを意識するのは大事ですが、1つの曲や、1つのアルバムを聴きながら走ると、

なんとなくペースをつかめるようになったり、なんちゃってインターバル走になってトレーニングになりますが、

基本的にはLSD(Long Slow Distance)長く、ゆっくり、(長い)距離を走ることを意識して、体を慣らしています。

 

初めての方でも、まずはタイムや距離に縛られず、ゆっくりでいいので、

自分のリズムで走りながら、早く走らず、ゆっくり長く走る。

その中で曲のリズムに合わせて、テンポダウンしたり、

テンションを上げたりして楽しんでいます。

 

走る前に聞く曲を考えたりするのも、走り方もたのしみの一つです。

私は最近「Mr.children」(ミスチル)や「星野 源」さんの曲を聞いています。

 

それではまた。

 

(河原)

 

 

 

 

キッズ:びばっこ倶楽部はこちら