Blogブログ

~佐藤ブログ43~京都マラソン

2020年02月17日

皆さんこんにちは。

久々に強烈な筋肉痛に襲わている佐藤です。

なんで筋肉痛かわかりますか??

そうです!昨日、京都マラソン2020に出場してきました~。
前回(11月の)大阪マラソン2019に出場してから、この京都マラソンでは2つの目標を設定しました。
それは、

①最後まで歩かずに走り切る
②4時間を切る

という目標でした。
その結果は・・・

 

4時間5分7秒でした~

一応最後まで走り切ったので①の目標は達成です。
天気や個人的なコンディションなど色々ありましたが、それを含めてのマラソンですので、惜しかったのと
悔しい気持ちを次回以降の大会の糧にしたいと思います。

 

では簡単に先週の運動実績から当日のレースまでを振り返ってみます。

11日(火) 休養
12日(水) 休養
13日(木) 帰宅ラン(10キロ)
14日(金) 休養
15日(土) 休養
16日(日) 京都マラソン当日
17日(月) OFF

 

という感じです。
本当はもう少し練習したかったのですが、左膝の痛みが気になって休養することにしました。
ただ1週間全く走らないのは不安もあったので木曜日に帰宅ランをしましたがやっぱり痛い・・・

という感じで当日を迎えました。
今までのマラソンの課題が足をつって途中で歩いてしまうという点なので前日の夜に攣り止めの薬(本草芍薬甘草湯)を飲みました。
当日の朝には本草芍薬甘草湯と痛み止めを1錠飲んで、万が一に備えて1袋ずつ持って走ることにしました。
この判断は間違いではなかった!!

当日はあいにくの雨・・・
大降りではなかったのでそこまで気にしませんでしたがカッパを着て走りました。
走り始めて7~8キロのあたりで膝が痛みはじめ、内心「マジか~」と焦りましたが少しペースを落としてギリギリ走り続けられそうなペースで走ったり、左足に負担がかからないようにコース取りを考えて走っていると段々痛みがマシになってきたので一安心。

ただ25キロを過ぎたあたりで再度痛みが出始め、このままでは完走も危ういと感じ、持っていた痛み止めと攣り止めを飲みました。
そのあとはネックに思っていた河川敷を走ることになっていたのですが、予想通り雨でジュクジュク・・・
ぬかるみに足を取られたり水たまりにはまらないように慎重に走り、無事に河川敷をクリアしましたが、そのツケが足にきて
太ももが痙攣し始めました。ただ気持ちは折れていなくて4時間切りは無理でもとりあえず走り切ろうと目標を切り替え歩くくらいのペースになってしまいましたが無事に最後まで走り切ることができました。

 

準備期間も含めてなかなかうまくいかないのもマラソンの醍醐味なんだと改めて感じました。
応援してくださった方や足の調子を心配して声をかけてくださった皆さんも本当にありがとうございました。

 

個人的には第一回京都マラソンでマラソンデビューをしたので思い出深い大会だったのですが、コースも変わっていてそれなりに楽しめたと思います。

最後に今回のマラソンで学んだこと

①歩かずに走り切れるペースを知っておくことが大事
②エネルギー補給は余裕をもって行う!そしてチャックではなくマジックテープの方が良い
 ※雨のせいか汗のせいかわかりませんが、チャックが開かなくなりエネルギー補給に失敗しました(苦笑)
③水を飲む際は「口ゆすぎ」(勝ちゆすぎ)をする

 

③は??って感じでしょうが、すごく大切なことなんです。これは前回のブログの最後に書いた良い報告と関係するのですが、
11日(火)にとある資格を取りに東京まで行ってきたのですが、無事合格しましたので、その話は次回にしたいと思います。

キッズ:びばっこ倶楽部はこちら