Blogブログ

斎藤ののんびりブログ♪~(´ε` )

2020年02月19日

みなさん、こんにちは!

 

水曜日ブログ担当の斎藤 朝日です^^

 

前回は、「豆知識」だけに「コーヒー豆」の豆知識を披露しましたwww

 

この豆知識を披露するためにインターネットでコーヒー豆について調べました( ´∀` 

 

今回も豆知識シリーズで行こうと思います😃

 

今回のテーマは、「ズボン」です^^

 

ズボンは、衣類の中で欠かすことができないモノですよね😁

 

無かったら家に出れないので困っちゃいます(笑)

 

ズボンの中でもいろんな種類がありますが、その中でも「デニム」について少々お話ししようと

 

思います。

 

さて、デニムにはいろんなブランド、色があり、それだけでなく傷があるものもあります。

 

ダメージがあるデニムは、昔からおしゃれでとても人気です。

 

世代関係なくいろんな方に親しまれているのではないでしょうか。

 

いわゆる「ダメージジーンズ」ですね^^

 

デニムにダメージ加工を始めたのは日本が発祥だったことはご存じでしょうか?

 

第2次世界大戦まで遡りましょう。。。。

 

第2次世界大戦が終わり、米軍払い下げの作業用ジーンズが日本の市場に出回ったそうです。

 

出回っていたジーンズは、着古されていたのでこすれて薄くなっていたものが多くありました。

 

そのようなジーンズはフニャフニャで柔らかくなっていたそうです🙄

 

また、ジーンズの硬くてゴワゴワした感触は日本人のお肌には合わなかったのです💦

 

なので、輸入した新品のジーンズを洗ったり削ったりなどの加工を施してから売るようになりま

 

した!

 

そして、1968年に世界で初めてジーンズを洗ってから販売することを始めたのは、

 

日本の岡山県倉敷市にある「株式会社ビッグジョン」だったのです!

 

ということで、今回の豆知識はいかがだったでしょうか^^

 

今回の豆知識はビーンズ(beans)だけにジーンズ(jeans)でした(笑)

 

豆知識の「豆」ビーンズとジーンズをかけましたwww

 

では、ごきげんよう~~~(@^^)/~~~

キッズ:びばっこ倶楽部はこちら