Blogブログ

ヨガのポーズ「ダウンドッグ」の紹介☆

2020年11月19日

こんにちは!

 

私はBODYBALANCE(ヨガ・太極拳・ピラティスを音楽に合わせながら行うレッスン)を担当させていただいているのですが、

そのレッスンに入ってくださっている会員さんから質問にあがった「ダウンドッグ」というヨガのポーズについて紹介します( *´艸`)

 

効果としては身体の背面(背中・太もも裏・ふくらはぎ)の伸びを感じられ、継続すれば新陳代謝が上がり、疲れにくい身体になります😇☀

 

そしてこのポーズはきついポーズと勘違いされやすいですが実はとても心地の良いポーズです🤗✨

 

まず足と手の幅はプランクの姿勢(肩の下に手首がある状態)くらいの幅です。

 

そこからお尻を上げていきます。

 

注意点は、

・呼吸を続けること

・手の中指がマットの縦の線と並行になるように(まっすぐ向ける)すること

 足先と膝はまっすぐ前に向けるということ

・肘のしわが前に向いている方は肘の皺を内側に向けること(肩甲骨から床を押すイメージ)

・目線は足元あたりと見ること

 

ポイントは

・おへそともも前の距離を近づけること(ボールペンをへそとももの間に挟むようなイメージ)

・後ろからお尻を斜め上に引っ張られるイメージを持つこと

 

 

 

 

 

もし写真のように背中が丸まったり踵が浮く場合は膝を曲げて、踵を床につけることを優先させると効果を感じられます😊(↓)

(踵は下方向に、お尻は斜め上に引き上げる

 

一番はご自分が一番気持ちの良い所でとどめてもらうということが大切だと思いますので、無理せず心地の良い位置で行いましょう(^^♪

 

ではまたお会いしましょう♪

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

インスタグラム随時更新中「vivahirakata」で検索☆

YouTubeチャンネルは「ビバスポーツアカデミー枚方」で検索☆

 

キッズ:びばっこ倶楽部はこちら