Blogブログ

インストラクターの実際

2006年06月12日

 こんにちわ、松野です。
今日はちょっと真面目な話題で語ってみたいと思います。今私はインストラクターという仕事をしています。インストラクターというと結構「いい仕事」と言われる事が多いです。最近ではドラマの登場人物がインストラクターの仕事をしていたりして、華やかな職業に思われているようです(^^)v ちょっとそこはイメージだけが先行しているような気はしますが。。(笑)まあ実際に速水もこみちのようなインストラクターがいればギャラリーに人がいっぱい集まるのでしょうが、現実離れしてますね

 という事でイメージと現実のギャップを埋めていきたいと思います(笑)

イメージその① いつもプールに入って運動している。
 →そんな事はありません。。プールには入っていますが、指導はあまり動きがありません(スタジオレッスンは別ですが)ですので仕事で運動できていいな~はあまり当てはまらないです。むしろプールであまり動きがないと体が冷え、体は冷えを防衛しようとして脂肪を蓄積しようとします。。ですのでおなか周りは太りやすくなります。だから私も普段から食べすぎ等には気をつけ、少しでも運動する機会(朝錬、ボディコンバット)を作っています。インストラクターなのだから、皆様が目標としてくれるような体、体型を維持するのに(脚の短さは変わりませんが)結構必死です☆

イメージその② モテる
 →もちろん人によると思いますが、この職業だからモテるというのはないと思います。あくまで速水もこみちや小池徹平がインストラクターを演じるからキャーキャー言われるのです。完全にひがみですね(笑)モテたい願望はないですが、いいイメージなのは気分悪くはないですよね♪

イメージその③ めっちゃ泳げる
 →これももちろんめっちゃ泳げる人は泳げますが、全員が泳げるとは限りません。野球の監督と同じで名選手だから名監督ではないですね。泳ぐと教えるでは違い、あまり泳げない人の方が泳げない方の気持ちがわかるので、泳げない方がいい時もあります。まあ過去に選手であったかどうかより、指導者になる時、またなった時にどれだけ自分で勉強するかですね。もちろん見本を見せたりする上ではキレイに泳げる方がいいですし、キレイに速く泳げる方が説得力がありますので泳げるにこしたことはありません。
 そう考えると私は中途半端ですね(^^;)泳げないわけではないですが、特別速いわけではない。。まあ現在自己ベスト更新中ですし、自分なりに目標を持ってやっていけたらいいなと前向きにやっております。

 今回はこんな感じです☆もちろんこの仕事の醍醐味も語りたいと思います♪
他に質問やきいてみたいことがあればお気軽に言って下さいね!

キッズ:びばっこ倶楽部はこちら