Blogブログ

引き分けでした。。

2006年06月18日

 運命のクロアチア戦、日本は引き分けてしまいました。これでブラジルに勝たなくてはなりません
 今日は単なるサッカー素人の感想ではなく少しインストラクター気取りの感想を書きたいと思います
 
 日本の2戦を観戦しましたが、世界からみても中盤の選手は技術的にもそう負けてないのかなと感じました。やはりフォワードというかエースストライカーがいるかいないかでしょう。世界との差を感じるのはフォワードの選手のトラップしてからシュートまでの時間や、ゴール前でのスピードのあるパス等です。

 これは個人の技術も関係するでしょうが、日本には天才がいないの一言で片付けてはいけない問題なのかなと思います。海外の選手が凄いと感じるのは切り返しの速さや体勢が崩れない、また立て直す力ですね。フィジカルという言葉をよく使いますが、体力(身体能力)の差がものすごくあるように思います。これは持って生まれた能力でもありますが、鍛えるものでもあります。ボールを使った練習はもちろんですが、ボールを使用しないトレーニングが日本は足りないのではないのかなと思いました。この辺りがスポーツトレーナーを重宝するスポーツ先進国と、まだまだトレーナーの地位の低い日本の差として現れているような気がします。

 選手、戦術を指示する監督・コーチ、そして選手の体作りを手伝うプロフェッショナルのトレーナーがもっと連携しないと世界には立ち向かえないのではないかなと感じた2戦でした。

また日本はどんなスポーツにおいても子供の頃から個人技というよりチームで戦うチームプレーを重視するので、ここ1番で力を発揮できないと思います。W杯で決勝トーナメントを勝ち抜くようなチームになるためには、国が立ち上がって支援し、子供の頃から英才教育をしないといけないのかなと思います。スポーツの普及にはヒーローは不可欠ですから、10~20年後のことを考えて今の子供たちに先行投資するぐらいでないと世界は遠いのかもしれません。

 以上、松野の夜のぼやきでした。頑張れ、日本!!
 ※上記の内容は勝手な個人の考えです。こんな意見もあるよ~と思った方はぜひ語り合いましょう♪

キッズ:びばっこ倶楽部はこちら