Blogブログ

コーチの夏休みの思い出

2006年08月04日

 こんばんわ、松野です。さぁインストラクターにとっての恒例のお祭り、夏休み短期教室の前半がいよいよ大詰めです。この時期(6~10歳頃)の子供というのは神経系の発達がものすごく、何かをすればすぐに身につきます。だから子供の頃には色々とさせたほうが良いのですが。私が担当しているクラスは6日間のコースですが、全然泳げなかった子供達がクロールの呼吸に挑戦のところまでいっています。毎日毎日の成長が見れるので、とても楽しいです

 今回担当した子供達が泳げるようになったら、その子は一生泳げるわけで、もし泳げなくて水泳が嫌いになってしまったら一生泳げないかもしれないという、大げさかもしれませんが、その子供さんの人生にかかわってくると思うと、非常にやりがいがありますね
 子供達の貴重な夏休みの時間をプールに使ってくれてるわけですから、何とか水泳を好きになって欲しいという気持ちでいっぱいです。子供達の絵日記の宿題に、プールに習いに行って、泳げるようになって、とても楽しい夏休みでした!なんて書かれたら最高ですね☆
 っていうか今も絵日記の宿題とかあるんですかね?(^^;)

キッズ:びばっこ倶楽部はこちら