Blogブログ

第25回合同ミーティングを行いました。

2015年03月23日

3月23日(月)に顧問の佐野先生を交えた合同ミーティングを行いました。
ビバスタッフが本質を学び始めて2年が経ちましたが、毎回新しい発見があり、新鮮です。

今回は同じネットワークで活動されていて、ビバよりも約20年先輩である倶楽部のスタッフさんが見学に来てくださいました。
この倶楽部では入会された方の75%の方が5年経っても退会されないそうです。
日本のフィットネスクラブ界は入会後1年で半分以上の方が退会されるという現実です。

たくさんの学びがありましたが、倶楽部運営というのは地域によってまったく異なるため、ハウツーとしてそっくりそのまま取り入れることは逆効果を招きます。
倶楽部の想いをもって、タイミングや状況に応じて活かしていくことが重要だと気づきました。

さて、今回のメインテーマは「倶楽部感」についてでした。
スタッフの田角が司会を担当してくれました。

スタッフは事前に倶楽部の意味を調べ、共通の認識のもと、ビバとしてどういう倶楽部であるべきかについて話し合いました。

倶楽部には会員としての目的があり、それは個人としての目的と仲間との目的という二重構造で成っており、混同してはいけないと佐野先生からアドバイスをいただきました。

日曜日にはフォローミーティングがありますので、そこでも学生スタッフと意見を出し合い、ビバとしての倶楽部感を確立していきたいと思います。

 

0323MT2

 

他にもマナーについてや会員さんのステータスについて、新たな発見があり、詳しくは来月に勉強をする予定です。
また、今後の予定としては、倶楽部のオリエンテーションについても話し合っていきます。

今後もよりよい倶楽部を会員さんと共に創っていくため、スタッフも学び続けていきます。

 

0323MT1 

キッズ:びばっこ倶楽部はこちら