Blogブログ

日焼けの秘密

2015年08月12日

こんにちは。

大谷です。

この夏は真っ黒に日焼けし、もうすでに2回も脱皮しました(笑)

といっても一度も遊びに行けておりません(涙)

ではなぜ焼けたか?

もう100人ぐらいに説明したかと思いますが…

2週間経った今でも毎日3回ぐらい聞かれますが…

焼けた理由は日本赤十字社の水上安全法という講習を受けてきたからです。

講習は全4日間あり、そのうち3日間は屋外のプールにいたからです。

水上安全法とは、水に関わる活動中の安全を図る方法です。

水を活用して健康の増進を図り、水の事故から生命を守るための知識と技術からなっています。

夏は水の事故が多いですよね。

そのほとんどが海や川で起きています。

泳げる人でも、遠くまで泳いで体力が尽きたり、水を飲んでパニックになったりして溺れることがあります。

いつも泳いでいるプールとは違い、危険だらけなんです。

また、溺れている人を助けに行った人まで溺れてしまうケースだってあります。

救助をする際は、①複数名で②陸の上から③道具を使って④泳がずに、というように、安全で確実な方法を選択しなければなりません。

何もない最悪の場合に泳いで救助します。

講習では、泳いで救助する訓練をみっちり受けてきました。

救助に必要な泳力は、クロールまたは平泳ぎで500m以上、潜行25m以上、立ち泳ぎ5分以上です。

大切なご家族やお友達を守るために、みなさんもぜひ受講してみてはいかがでしょうか。

キッズ:びばっこ倶楽部はこちら