Blogブログ

5月の合同ミーティング

2017年05月15日

こんにちは!ビバスポーツアカデミー南草津の内田です。

5月15日に行いました、合同ミーティングの報告をさせていただきます。

 

まず始めに簡単なアイスブレイク(誕生日月や血液型が同じ人でグループを作りゲーム)を行い、雰囲気づくりをしました。

意外な共通点がわかり、親近感がさらに湧きました。

これは会員さん同士のつながりにも共通してくると気づきました。

その良い雰囲気のまま、イベント・サークルの活動報告、今後の予定の共有を行いました。

4月16日に行った姫路城バスツアーは、事前のエピソード共有や事後の思い出共有など、当日だけでなくそこに至るプロセスや、その後にも愉しみが広がりました。

新しくできた卓球サークルは、会員さんが主体となり未経験者のスタッフが逆に教えてもらいながら準備を進め、実現しました。

月1回の開催をイメージしていましたが、参画されている会員さんから「毎週やろう!」という声があり、5月からは毎週開催しております。

他にも、会員さんが講師として行うデコパージュ(置物)作りイベントも予定しております。

 

そして、今回のメインテーマは『スタッフの働きがい』についてのディスカッションでした。

スタッフの中嶋くんがビバと私生活を繋げたエピソードを話してくれました。

中嶋くんはソフトボールが好きで、ビバでも会員さんと一緒に参画してくれています。

ソフトボールの通常のルールとは別に、会員さんと愉しむためにビバのソフトボールのルールを自ら考えてくれました。

昔は人と話すことに苦手意識をもっていたそうですが、サークル活動を通して会員さんとの会話も増え、コミュニケーション能力も

高めることができたそうです。

ビバでアルバイトをしたことで『行動力』と『コミュニケーション能力』が育ち、私生活でも成長ができた実体験だなと感じました。

 

1494834356731

 

↑熱く語る中嶋くん

 

その話を受け、グループごとに同じテーマでディスカッションをしました。

それぞれにいろいろな働きがい、人生と仕事が結びついたエピソード、仕事を通じて人生が変わったエピソードがあり、共有し合うことで大変勉強になりました。

 

 1494834360600

 

そしてそして最後は、、、。

わたくし内田が『ビバでやってみたいこと』について話しました。

学生時代に前に立って話す機会が多くあったので、大丈夫だとは思っていたのですが、

自分の想いを伝えるとなると声が震えてしまいました。(笑)

 

私がビバでやってみたいことは、会員さんと話している中で会員さんがしたいと声があがったことをイベントなどで形にすることです。

また、管理栄養士の資格も無事に合格できたので、5階の調理室を使い、料理教室やお菓子作りなども開催できたらいいなと考えております。

「これがしたい!」という声がありましたら、是非、内田までお願いします!!

みなさんで新しい風を吹かせましょう!!

 

年代や立場を超えていろいろなスタッフの意見を聞く事で大変勉強になり、可能性が広がりました。

これで、5月の合同ミーティングの報告を終わります。