Blogブログ

8月の合同ミーティングを行いました。

2015年08月10日

8月10日(月)に合同ミーティングを開催しました。

8月①

今回はしばらく参画できなかったスタッフや新しいスタッフが加わり、貴重な本音トークができました。
内容は現在行っている13周年イベントと今後をどう結び付けていくのかというのが重要なテーマでした。
先週もお伝えしましたが、活力生活倶楽部として2年目の今は、生かされ活きる倶楽部創りを飛躍的に前進させる年です。
来年には、より大勢の方が参画し、会員さんから想いが溢れる状態にしていきたいと思っています。
そのためには、これまでのやり方を反省し、次から次へと改善を重ねていかなければなりません。
昨年と違って、今年は新しいスタッフも増えました。
理解しているスタッフ、なんとなくわかっているスタッフ、わかっていないスタッフが混ざった状態です。
これは会員さんにも同じことが言えると思います。
こうした様々な人が共に気づきあい、学び合っていく環境が必要です。
積み上げてきたものをさらに育みながら、原点に返って学びなおすことも必要になってきました。

学生スタッフからこんな意見がありました。
会員さんから「イベントをたくさんやってスタッフが大変なんじゃないか?」という声があり、会員さんに気を遣わせてしまっている。
イベントが活力生活倶楽部として、つながっていない。
スタッフの自己満足になっていないか?
まだまだ参画される方に偏りがある。
そうであったとしたら、イベントをやればやるほど会員さんの心が離れていくのではないか。
といった意見です。
ドキッとしました。

イベントはひとつの例ですが、もっと会員さんの視点で発想していかなければならないと反省させられました。
会員さんのことをもっと理解する必要があるし、もっともっと現場に行って会員さんとの会話を大切にすべきだと思います。

これからも謙虚に学び続けていきたいと思います。

8月③ 8月②

キッズ:びばっこ倶楽部はこちら