Blogブログ

やさしい日本語

2017年08月19日

こんにちは!

ジムスタッフの立命館大学三回生の中嶋 豊です!!

 

みなさんはやさしい日本語をご存じですか?

やさしい日本語とは日本語特有の使い分けによる

複雑な表現や文の構成を簡単なものに変える、

漢字にふりがなを付けるなどして誰でも分かりやすい、

外国人でも分かりやすくした日本語のことです。

 

また、小学生や中学生などのまだ漢字や難しい表現に慣れていない子どもにも

分かりやすくした日本語とも言えます。

 

このやさしい日本語が生まれたのは、1995年(平成7年)の阪神・淡路大震災の時に

たくさんの外国人が避難場所やライフラインの情報を

難しい文の構成や漢字、表現になっていたため

理解できずに被災が悪化するという事態に陥ったためです。

今の日本は色んな外国人の方がいます。色んな人が住みやすい日本になれたらいいですよね!

それでは!