Blogブログ

故郷の風景

2020年08月28日

こんにちは!

マッスルです(^^)

先日歯医者さんに行ってきました。

お酒を飲んでいるうちに歯も磨かず寝てしまうんですよね。

歯の健康ってとても大切なので気をつけたいと思います。

私がお世話になっているのは京都府宇治市の歯医者さんです。

ここの先生がとても優しくていい人なんです。

行くと元気もらえます!

もちろん治療も痛くありません。

もう13年ぐらいお世話になっていますかね。

本当は歯医者さんはすごく苦手で、他のところは怖くて行けません(笑)

だからわざわざ高速に乗って宇治まで通っているわけです。

 

その日は、歯医者さんに行ったついでに城陽市の実家に帰り、近くを流れる木津川の堤防を走りました。

北へ進むと久御山町と八幡市を結ぶ通称「流れ橋」という橋があり、そこを渡って折り返すとちょうど10kmのコースです。

流れ橋は子どもの頃よく遊んだ場所の一つです。

時代劇のロケ地としても使われたことがあるんですよ。

洪水が発生すると橋が流れるんです。本当に。

そうなると数ヶ月は通行できなくなります。

2月に訪れたときは流れていましたが、今回は復旧していて渡ることができました!

ここに来ると心が落ち着きます。

自然いっぱいの風景。

特に西側(八幡、京田辺)の風景は昔と何も変わらないので懐かしく思いました。

一方で東側(宇治、城陽)は田んぼだったところに高速道路ができ、街がどんどん発展しています。

風景が変わりすぎて寂しい気持ちになります。

 

8月は決して暇ではありませんでしたが、時間を作って200km走ることを目標にしていました。

今日までの累計は180km。

あと20kmです。

それではまた!

キッズ:びばっこ倶楽部はこちら