Blogブログ

山道具②

2021年05月21日

こんばんは!マッスルです(^_-)-☆

山道具紹介の第2回目です。

こちらはmont-bellのアルパインサーモボトル

写真左が750ml(以下 大きい方)、右が350ml(以下 小さい方)です。

めちゃくちゃ愛用しています!

とにかく保温力が優れていて、例えば出発前の朝6時に沸騰したお湯を入れて、お昼に使用する際はもちろん沸かしたてのようにアツアツ。下山後に風呂に入ってご飯を食べて、18時に帰宅してから余っていたお湯を確認すると、さすがにこの時点ではだいぶ温度が下がっていますが、まだ温かいです。

休憩中にカップラーメンやスープなどを作るときにはお湯が必要ですが、これなら簡単だし時間短縮にもなります。

バーナーでお湯を沸かすのも一つの楽しみではありますが、ケトルまたはクッカー、それからガスカートリッジも持っていかなければならず、非常にかさばります。それに、かったり風が強いと火が付きにくくなるので不便です。風よけの風防もありますが、めんどくさいですね。

(水の入ったボトル、バーナー、ケトル、ガスカートリッジ)> ボトル1本のみ

これは楽ですよ。

積雪期なんかは手袋を外してもたもた作業していると、手がめちゃくちゃ冷たくなり感覚がマヒしますので、サッと済ませたいものです。

私はこの大小2つのサイズを使い分けています。

長い時間歩くときや、お友だちの分まで持っていくときは大きい方を、4~6時間ぐらい歩くだけのときやソロのときは小さい方を持っていきます。

ですが、大きい方を持っていくと高い確率で使い切らず、小さい方だと足りないので、間の500mlがほしなぁと思っています。

それではまた来週!

冬の武奈ヶ岳

 

キッズ:びばっこ倶楽部はこちら