Blogブログ

4月の合同ミーティング報告

2018年04月17日

こんにちは、松野です。

4月8日に行った合同ミーティング報告を行います☆

枚方倶楽部から矢田社員が、新入社員として福田社員と森田社員が加わり、新しいメンバーでのミーティングとなりました。冒頭の自己紹介では力強いメッセージを話してくれました。新しいメンバーとともに、新しい風を吹かせていきたいと思います!

今回のミーティングは「生かされ活きる」という言葉をテーマに行いました。

 

小西スタッフがスタッフに向けて書いたメッセージについてディスカッションしました。

レインボースイミング倶楽部の合同ミーティングの共有が小西スタッフと中村スタッフからあり、そこではレインボーさんの「壁」がないことに驚いたという内容でした。

その壁とはスタッフと会員さんの壁、スタッフ同士の壁のことです。中村からは「まだ入会していないお子さんの保護者が合同ミーティングに参画された」という共有があり、私も衝撃を受けました!

レインボーさんの倶楽部の雰囲気と空気感、お子さんや保護者一人一人の詳しいことまでミーティングで話しているなど、まだまだ瀬田もできることがたくさんあるのだなと改めて刺激を受けました。まだ瀬田ではようやく今回会員さんが初参画され、スタッフですら「フロントスタッフ」や「ジムスタッフ」「社員」と分けてしまっており、固定概念の存在を認識しました。

後半はスタッフのビバにいる背景を語り合いました。スタッフ一人一人がなぜ瀬田で働くことになったのか、また働いているのかなど知ることができました。毎日のように顔を合わせているスタッフでも知らないことがたくさんあり、スタッフ一人一人の背景を知ることで更に「活かされあう」ことができるのだなと思うことができました。

私たちは会員さんや子ども達から学び、活かされているのだなと感じることができるミーティングとなりました。そして言うまでもなくスタッフは会員さんの居場所創りや、子ども達の成長をコーディネートして活かすことに使命と誇りを持つことが、働きがいとなり、生きがいへと繋がっていくのだと思いました。

 

新年度のスタートにふさわしいミーティングとなりました。今期も生かされ活きる倶楽部創りを躍進させてまいります。

キッズ:びばっこ倶楽部はこちら