Blogブログ

木間暮part2

2012年11月23日

こんにちは。かがじゅんです。前回のブログでお話ししたカフェ『木間暮』の内装をアップしました

オシャレ感の外と違って、中は情緒ある古風な趣きがさらに心を癒してくれます。

囲炉裏を囲んで、窓からは心地いい木漏れ日が差し込みます。ベタ過ぎるくらいの南部鉄と自在鉤の組み合わせもなかなかオツなもので・・・。

この魚には、鍋の高さを調節する役目と、魚は水に通じるということで火事を避けるお守りの意味があることを知りました。

瞼がないことから眠らないー居眠りして火を絶やさないとか、目を離して火事を起こさないという意味があるとも言われているそうです。

 

キッズ:びばっこ倶楽部はこちら